精神科ナースになったわけ 試し読みはこちら♪

X3100023284461.jpg


「精神科ナースになったわけ」を試し読みするならこちら

  >>>BookLive<<<


サイト内で「精神科ナースになったわけ」と検索してみてください。




普通のOLだった主人公は、母親の死をきっかけに精神が不安定になります。




ある日、満員電車で横入りした男性に無意識で肘鉄をくらわしてしまいます。




当然、怒られトラブルに。




平常心を失ってしまった自分に驚き、こうも簡単に壊れてしまう「人の心」に興味を持ち始めます。





精神科のナースになる決意をして、仕事をやめ看護師の資格をとります。





そんな主人公の、精神科で働く様子、患者たちとの日々をコミックエッセイ風につづられています。





作者の水谷緑さんは、元コミュ障のニッポン放送アナウンサー吉田尚記さんとの共著「コミュ障は治らなくても大丈夫」などを出版しています。





作品はエッセイ風なので、サクサク読めます。





精神科の患者さんとのやりとりも、わかりやすくおもしろいです。





「精神科」というと、ちょっとかまえてしまいそうですが、意外と心あたたまるエピソードもあります。




実際の取材をもとにつくられたそうです。





興味がある方は読んでみてくださいね。



登録しなくてもすぐに読める無料試し読みはBookLiveがおすすめです。
国内最大級の品揃えを誇る電子書籍の本屋さんです♪

「精神科ナースになったわけ」を試し読みするならこちら

  >>>BookLive<<<

「精神科ナースになったわけ」で検索してみてください。










この記事へのコメント